FX の魅力とリスク

FX の魅力とリスク

FX の魅力とリスク

FXの魅力の1つに小資金からでも始められるということがあります。

さらに、少ない資金(保証金)で数倍から数百倍の取引が可能なFXは、大きく利益を上げることができます。

反面、少ない資金(保証金)で数倍から数百倍の取引をするのですから大きな損失を出す可能性もあります。

例えば、1ドル=100円の時に米ドル/円を1万通貨、買ったとしましょう。

100円×10,000=1,000,000円

この時、100万円で100万円相当の外貨を運用していることになるので、レバレッジは1倍です。

資金が50万円の場合 → レバレッジ2倍
資金が25万円の場合 → レバレッジ4倍
資金が10万円の場合 → レバレッジ10倍
となります。

米ドルを1ドル=100円で1万通貨を購入した場合、米ドルが1ドル=99円に下がってしまったら、

購入価格:100円×10,000=1,000,000円
現時点価格:99円×10,000=990,000円

となり、差し引きで1万円の「含み損」が出ていることになります。

1万通貨を買って持っている場合は、レートが1円下がるごとに1万円の含み損が発生します。10円下がれば10万円の含み損。20円下がれば20万円の含み損ですね。

何十倍もの高いレバレッジをかけた取引では、預けた保証金が一気に無くなることだってあるので、レバレッジには気をつけて取引を行いましょう。

このような魅力とリスクがある金融商品なので、無茶をされる方が多くいらっしゃるようで、最近では投資家保護のため、ほとんどの会社が一定額以上の損失となった場合にシステムで自動的に損切りする仕組み「ロスカット」を採用しています。

レバレッジについては「レバレッジとは」で説明しています。